留学生活の準備

必要な物を考える

日々の生活に不可欠な、お金とクレジットカード、万一に保険など準備するべき物はたくさんあります。また、今では生活の一部となっている携帯電話は、留学先でも使えますか。

1 銀行口座について

留学する際には、当座の生活に必要な現金とトラベラーズチェックを持参します、その後は銀行口座を開設して、その時その時で引き出した方が安全です。口座の開設には、日本で開設する場合と、現地で開設する場合があります。現地で口座を開設する場合には、銀行によって提出書類が変わってきますが、学生ビザやパスポート、住所を証明できるものなどは最低限必要です。海外の銀行では、一定の預金残高が無いと、口座維持費を徴収されたり、自動解約されたりするので、きちんと確認しておきたい。そのため、帰国時には口座解約しておきましょう。

わざわざ銀行口座を開設するのが面倒という方は、インターナショナルカードを作るという方法もあります。日本の大手銀行では、提携している海外のATMから現地通貨で引きだせるインターナショナル・キャッシュ・カードを発行してくれます。引き出した金額は、当日レートで日本円に換算されて、手数料とともに日本の口座から引き落とされます。今、利用している銀行のカードを発行しているかどうか確認してみましょう。

2 クレジットカード

海外では、日本よりもカード社会化が進んでいるため、国際クレジットカードは1枚持っていくと便利です。サインだけで買い物ができるし、身分証明にもなります。もちろん、現地で銀行口座を開設する際の身分証明にもなってくれます。

ただし、クレジットカードは現地で作れない場合がほとんどで、留学生にはその国での所得実績がないため、例え作れたとしても、限度額が低くなってしまいます。もし、クレジットカードを利用したいなら、日本の銀行口座から引き落とされる日本のクレジットカードを作っていくと良いでしょう。

3 留学生保険

事故やトラブルはいつどこで起こるかわかりません。万一の場合に備えて、留学生保険には入っておきたいです。留学生保険とは、海外旅行用の保険とは異なり、留学ならではの保証内容が付いています。

例えば、留学先の住まいなどで自己所有の家財や携行品が盗まれた場合の保証や日本にいる家族の危篤や死亡などで一時帰国する際の費用の保証などがあり、他にも保険会社によって、保証内容は異なるので良く確認してから加入しよう。現地で加入する保険もありますが、それは現地にいるときのみの保証内容です。日本の保険なら、出発から帰国まで、移動中も含めて保証されるので、留学生保険のほうがお薦めできます。

4 携帯電話

海外でも携帯電話の普及率は年々増えていて、日本では80%に届くかどうかまできています。海外では、そのほとんどはビジネス用で、日本のように学生が使いこなしているということはありません。そのため、留学生活で必需品とは言えないかもしれませんが、日本の家族とすぐに連絡が取れて便利というメリットもありますので、持参するのもいいでしょう。その場合3つの方法が考えられます。

◇海外で使える機種を日本でレンタルする

現在日本で使用しているのを、そのまま持っていっても使えるかどうか分からないなら、渡航先の国にあった海外用の機種をレンタルするといいでしょう。

◇国際複合機種電話を購入する

海外でも使える機種を日本で購入し、持っていくという方法です。以前に比べて本体価格も抑えめになってきているので、長期留学なら思い切って買い換えるのもいいでしょう。

◇現地で契約・レンタル・プリペイド式を利用する

長期留学の場合は、現地で契約するの方法もありです。ただし、国によっては収入や住所が一定でないため、契約できない場合もあります。そのため、レンタルやプリペイド式の携帯電話を利用するという方法があります。現地で携帯電話を調達して留学生の多くは、契約よりもレンタルやプリペイド式を使っているそうです。

check

東京の探偵事務所
http://www.ivservice-tokyo.com/
横浜の美容室
http://k-cube.jp/
人気ロートアイアン
http://www.masstrading.jp/iron/
ih 電磁波
http://www.rakuten.co.jp/scknp/
趣味・婚活に社会人サークル
http://www.ist-community.com/

Last update:2014/11/14



Copyright (C) 2008 留学生活の準備 All Rights Reserved.